奈良さんぽ♪~2015秋~


一日が休みだったので
紅葉を見に段山神社に行きたいといってた母ちゃんについて行ってきた!
おとんと姉ちゃんも一緒だがw

エルグラさんは頑なに運転拒否なので姉ちゃん運転で横でナビ
頭の中の地図は多分家族の中では一番入っているかもw




道の駅平群に野菜買うため寄り道
a0237349_11103529.jpg

うーん、気になるとこが結構あるんやけど
今度ブラブラしてみよw







談山神社参道
a0237349_11125037.jpg


紅葉の盛りは過ぎてたので人はまばらw




お昼に到着したので
多武峰観光ホテルにて昼食
a0237349_1114827.jpg

(高い!昼で2千円オーバー!だけどオトンスポンサーなのでいいやw)
ゴマ豆腐うまい(´▽`)

昭和の匂いがするホテルw
んでも、従業員さんはみんなとってもいい感じやった
なんか懐かしかったww







500円払っていざ!
a0237349_11175440.jpg









a0237349_11183170.jpg



a0237349_11184730.jpg









a0237349_1119270.jpg


a0237349_11201027.jpg








a0237349_11203375.jpg






a0237349_11205044.jpg





談山神社(ウィキより)

鎌倉時代に成立した寺伝によると、藤原氏の祖である中臣鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地(参照:阿武山古墳)から大和のこの地に移し、十三重塔を造立したのが発祥である。天武天皇9年(680年)に講堂(現在の拝殿)が創建され、そこを妙楽寺と号した。大宝元年(701年)、十三重塔の東に鎌足の木像を安置する祠堂(現在の本殿)が建立され、聖霊院と号した。談山の名の由来は、中臣鎌足と中大兄皇子が、大化元年(645年)5月に大化の改新の談合をこの多武峰にて行い、後に「談い山(かたらいやま)」「談所ヶ森」と呼んだことによるとされる。

ほんまにここら辺の歴史は好きや~ん(*´ω`*)





ご老体二人がいるので御破裂山には登らんかった
このお社さんの横から登れる
a0237349_112863.jpg








a0237349_1129326.jpg









a0237349_11294643.jpg





a0237349_11302959.jpg


うん、文句なしに美しいね
モミジと朱塗りって





静かでのんびりしてていいとこでしたw












んで、帰りに奈良公園に
a0237349_11313640.jpg






a0237349_11315753.jpg



おしり(ハート)
a0237349_11321228.jpg








鹿と戯れたいとゆー姉ちゃんのために
鹿せんべい買って集めたのにビビッて逃げたw



近っ!w
a0237349_11341535.jpg

[PR]
by cibimidori | 2015-12-02 11:36 | お出かけ(奈良散歩♪) | Comments(4)
Commented by けんと at 2015-12-05 22:44 x
ほんまにここら辺の歴史は好きやーん ってそれだけやないっしょ!?
摂津安威の阿武山の細道も好きやろ!^^
それにしても行基さんはどこでも出てきますなぁ

軒先に灯がともると更に良さげやね
Commented by cibimidori at 2015-12-06 14:06
細い道、路地裏はそりゃもーww
でも自分で地図見てないからどこがどこだか?

私的には役小角様のが気になる(ФωФ)!
(某小説の影響w)

Commented by けんと at 2015-12-10 23:01 x
オフ遊びの道なんて迷って覚えるのがいいんだよね^^
ある意味その時の勘だより・・・

確かにあっちこっちで役小角様はお爺さん像が多いけど、犬鳴山の七宝龍寺のはめちゃ若い像だった
密教に興味ありですか?^^
Commented by cibimidori at 2015-12-11 07:39
昔に『宇宙皇子』って小説にはまってたものでw
奈良飛鳥時代が好きなんです(ノ´∀`*)


だんだんボロくなってゆくチビみどり(KLX125)と、新参XR230(名前はまだないw)と、不思議なバイクKon兵衛のブログw


by cibimidori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30